フラワー治療院は、鍼灸・整体・気功の合体で自然治癒力を目覚めさせる治療院です。

フラワー治療院

ブログ

2016年12月14日

高温で加熱された油は発ガン物質

 油メーカーのコマーシャルにだまされてはいけません。オリーブ油や紅花油、キャノーラ油
はヘルシーだという話を方々で耳にしますが、これらの油は植物から抽出されたものですが、
どれもベータカロチン、ビ1タミンC、Eといった抗酸化物質に欠けるきわめて不安定な100%
脂肪の加工食品です。
 
 油は自然界には決して単独では存在していません。自然界にある油は必ず酸化を予防する物質
(抗酸化物質)や食物を外敵から守るための化学物質(ファイトケミカル)、酵素、繊維等と共
に存在しているのです。

 抽出された植物油はどんな方法で抽出されたものでも、光や熱に当たると瞬時に過酸化物質と
化し、摂取された体内でラジカルな活動を引き起こします。細胞のDNAを傷つけ、免疫機能を低
下させ、シワや早すぎる老化、腫瘍やガンの要因をなるのです。

 酸化しにくいオレイン酸を豊富に含み、害が最も少ないオリーブオイルやキャノーラオイルで
さえも、ガンのリスクを高めたり、肥満や糖尿病を促進していきます。どんな抽出油も決してヘ
ルシーではなく、肥満をはじめとしてさまざまな病気の重要な原因となることが明らかになって
きています。アメリカではすでに、栄養化学や医学の専門家らが料理には極力油を(どんな油も)
使用しないようにと進言しています。

高温で加熱された油は強烈な発がん物質に変わります。家事や仕事などで炒め物や揚げ物を習慣
的につくっている人は、加熱された油から放射される化学物質を吸っているだけでも、肺がんに
なるリスクが非常に高まります。タバコを吸わない中国人女性に肺がん率が高いのはそのためだと
指摘されています。

 毎日炒め物や揚げ物を食べていると、肥満、脳梗塞、糖尿病も免れなくなります。加熱した油を
使った料理は白血球細胞の働きを止め、免疫機能を低下させてしまうことも明らかになってきました。

 また、油は消化器官の内壁にオイルの膜を作り、胃壁や腸壁からの消化液や消化酵素の分泌を止め、
同時に食べ物に含まれる栄養や酵素が消化器官から吸収されるのも妨げてしまいます。その結果、油
とともにとったたんぱく質は腐敗し、炭水化物は発酵し、体を詰まらせ、毒血症を引き起こすことに
なります。

 果物・野菜などの生きた食品を食べ続けていると、嗅覚が本来の鋭さを取り戻し、においにも敏感
になります。やがて油が過熱されたにおいを悪臭に感じ、避けるようになることでしょう。

         『常識破りの超健康革命』松田麻美子

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月03日

心臓を患った時は肝臓を温める手当てを

 肝臓は血液循環の調節をしていますが、この調節がうまくいかなくなると、心臓
に故障が生じるのです。少し走っても心臓がドキドキしたり、息切れがしたりする
のは、ひとつにはこの血液の配分がうまくいっていないからです。

 これは心臓に問題があるのではなく、肝臓が問題ということです。つまり、食事
の不摂生から肝臓が悪くなると、心臓にも影響します。

 現代医学の分析的な考え方からすると関係ないのですが、自然療法の考え方によ
ると、食べ物が肝臓を通して心臓を支配しているのです。体は上から下までつなが
っています。

 このように考えると、血液を全身に回すのも心臓だけの働きではなく、血液を配
分する肝臓の力も大きいということがお分かりいただけたと思います。

 もっと大事なことは、肝臓と心とがつながっていることです。自律神経は自然の
力で内臓を動かしています。自律神経は心がふざがってブレーキをかけると、詰ま
って動かなくなってしまうのです。心と肝臓は直結していて、喜怒哀楽をそのまま
受けてしまうというわけです。

 とても喜んでいる時、肝臓はよく働き、悲しみの時は肝臓もダウンします。食欲
もなくなり、陰気になって考え方も暗くなるのです。そして怒りっぽくなり、むや
みに悲観したりします。

 子供なら、甘いお菓子をとり過ぎると、カンの虫で親をてこずらせ、泣き虫、怒
り虫になります。これも肝臓が悪くなるような食べ物を食べているからです。

 肝が据わるということも肝臓の強さを表現していて、人間の中味(生き方、考え
方)にもつながります。肝臓は体の要なのですから、心臓を患った時は、心臓だけ
を考えるのではなく、まず肝臓の疲労をとって回復させることが重要なのです。そ
のため、職を但し、外から肝臓を温める手当てが大切です。

       『自然療法が体を変える』東城百合子

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月24日

糖尿病対策は、プラントベース食品で細胞から脂肪を排出すること

 一般的に糖尿病の原因は糖分のとりすぎといわれていますが、これは事実ではあり
ません。ニール・バーナード博士が説明するように「2型糖尿病」になっても血糖値
を下げる役割を果たすインスリンの分泌がなくなるわけではありません。

 むしろ、細胞へのインスリンへの抵抗性が高くなるのです。インスリンの作用に細
胞が抵抗するため、グルコースは細胞に入ることができず、血液中に留まります。そ
してそのために深刻な合併症が起きるのです。なお、インスリンはグルコースを細胞
に案内してエネルギーとして使えるようにするホルモンです。

 なぜ細胞のインスリンへの抵抗性が高くなるのでしょうか。それは細胞が脂質、つ
まり脂肪で詰まってしまうからです。脂肪分の少ない、「プラントベースの食事」に
切り替えると、細胞は溜め込んだ余分な脂肪を排出するようになります。

 そうすることでインスリンが正常に機能できるようになります。つまり、インスリ
ンへの抵抗性を改善するには、脂肪分の少ない「プラントベースの食事」をすればい
いのです。ヘルシーで炭水化物の多い食品を食べている国の住民は、糖尿病の割合が
世界で最も少ない人々です。

 日本人の場合、遺伝的に欧米人には稀な遺伝子配列をしているため、「インスリン
分泌能力の低下が、『2型糖尿病』の大きな要因である」という指摘もある。しかし
たとえインスリン分泌能力が低下しても、インスリン抵抗を引き起こす欧米型の高脂
肪・高コレステロールの食事をしない限り、インスリン抵抗が起こらないため、「2
型糖尿病」は発症しない。

 ただし、日本でも食の欧米化が進むとともに、この病気が激増している。高脂肪・
高コレステロールの食事によってひきおこされるインスリン抵抗は、能力以上にイン
スリン分泌を余儀なくされる膵臓を疲れ果てさせ、遺伝的に「インスリン分泌能力」
の低い膵臓の能力を、さらに低下させてしまう。

 バーナード博士が自ら行った糖尿病の食事介入研究は、この食事は効果があること
を実証しています。

 「低脂肪のプラントベースの食事」を指導された患者たちは、肉や乳製品の摂取が
許される従来型の糖尿病管理食を続けた患者たちよりも、糖尿病の状態が大きく改善
されたのです。

『フォークス・オーバーナイブズ』に学ぶ『超医食革命』
ジーン・ストーン編  大島豊 訳   松田麻美子 監修・特別寄稿

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月20日

ガンは、生き方変えろのサイン

 ガンの遺伝子は誰もが持っています。糖尿病も同じです。
体に必要だからあるのです。それを発現する人、しない人。
発現して亡くなる人、治る人。何が違うのでしょうか?

 ガンになると抗がん剤、放射線、手術などでガン細胞を取
り除いたり、殺したりします。でもいくら医学が進歩しても
ガンは無くなりません。
 私もガンになり、ガン友も見送りました。ガンになった時は
分からなかった。なぜなったのか?でも今はよく分かる。(現在8年目)
「お前の生き方が悪かったんだ」と聞こえるのです(神がかりではありません)。
改めるチャンスを与えてやるから、考え方を変えろと。

 ガンの数値、腫瘍マーカーを気にしたり、前途を悲観したりしても
一向によくなりません。むしろ、ガンのことを忘れ、積極的にいきて
おられる方の方が、ずっと改善しています。積極的とは、勇気を持つ
ことです。恐怖からは何も生まれません。

 私は、2年前に吉祥寺にフラワー治療院を開院し、ガン、難病に
積極的に取り組んできました。私自身が、ガン患者であった経験を元に
、針灸、整体、びわの葉、里芋パスタ、生姜湿布、温熱、蜂鍼、気功な
どを組み合わせ、心と食事も指導しながら、改善の手助けをしています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月08日

3日で80人の外反母趾を診て

 産業交流展2016が東京ビッグサイトで10.31~11.2に行われました。
私は医療・福祉分野に初参加しました。来場者は3日間で約5万人、私のブースは
3日間で300名来場され、80名の方が試着されました。

 試着された方の足を診て触りました。また足のケアや靴選び、爪の切り方、歩き方
も指導しました。外反母趾は10対1の割合で女性の方が多く、足首からふくらはぎ
にかけても硬結が多くみられました。

 その中で 70代の男性の方で外反母趾のひどい方がおられました。この方に「空飛
ぶワラジ」を付けていただくと、歩き方や姿勢が変わったとおっしゃっていました。
足指に力が入れられるように作られています。もちろん、一般の方でも同じ効果が出
ます。

 もちろん毎日のケアはとても大切です。特に中足骨頭とふくらはぎがポイントになります。
ふくらはぎは第2の心臓で、この部分の疲れを取ると、体の疲れも取れます。

◇◆◇◆は◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鍼灸・整体・気功の「フラワー治療院」が綴る健康ブログになります

吉祥寺にいらして下さった患者様のお悩みを、痛みのない鍼灸 (しんきゅう) や気功整体施術で、お一人お一人適切な施術を心がけている「フラワー治療院」が、「健康」に纏わる事を綴るブログになります。
ブログを介して全国の方に、健康に過ごしていただけるよう、役立つ知識や経験などを贈れたらと考えております。

フラワー治療院

このページの先頭に戻る