フラワー治療院は、鍼灸・整体・気功の合体で自然治癒力を目覚めさせる治療院です。

フラワー治療院

ブログ

2018年10月12日

グラニュー糖、清涼飲料水の糖、果物の糖(2)

私たちの祖先はかつて洞窟で暮らしていたころもフルーツを食べていたが、一年中毎日というわけではなかった。私たちの体は毎日のように食べる大量のフルクトースを処理できるところまで進化していない。

 特に加工されたフルクトースの場合はそうだ。天然のフルーツは、例えばごく一般的なソーダと比べると比較的糖質が少ない。一方、ソーダは大量の糖質を含んでいるのだ。

 中くらいの大きさのリンゴは食物繊維が豊富に混ざったものの中に、ペクチンに由来する約44カロリー分の糖質を含んでいる。逆に、コークやペプシの350ミリリットル缶にはその2倍、80カロリー分の糖質が含まれている。

 しかし、りんごの場合、いくつかをしぼり、絞り汁を濃縮させて350ミリリットル分の飲み物にするなら (そのために繊維は残らなくなる)、驚くなかれ、糖質はソーダから得るのとちょうど同じくらい、85カロリーまで跳ね上がる。

 フルクトースは肝臓を直撃する際に、ほぼ脂肪に変わり、脂肪細胞に送られる。40年以上も前の生化学者がフルクトースを「最も太らせる炭水化物」と呼んだのも無理はない。

 現代の私たちにとってとりわけ厄介な事実は 、フルクトースとグルコースとの結合させたもの、例えばグラニュー糖で作ったものをよく食べていることだ。

 結合された糖質のうちフルクトースは私達の血糖にすぐに大きく作用するわけではない。
ところが、一緒にとったグルコースがフルクトースに対し 、インスリン分泌を促進し、脂肪細胞にもっと蓄積するように働きかけてしまう。糖質を摂れば摂るほど、それは脂肪に変えるように体に指示するのだ。

 これは肝臓内で起こって「脂肪肝疾患」と呼ばれる症状を引き起こすだけでなく、盛り上がった脇腹、ベルトからはみ出た贅肉、 ビール腹という形で現れる。重要な器官にぴったりくっついて外からは見えない内臓脂肪はとりわけよくない。

 「人はなぜ太るのか?」( メディカルトリビューン)でゲーリー・トーベスは、炭水化物と肥満を結びつけた因果関係と、喫煙とガンの関連との類似点を説明している。もしもこの世界にタバコはなかったら、肺がんは稀な病気になっているだろう。同じようにこんなにも高炭水化物の食事をとらなければ肥満も稀な症状になっているだろう。

 糖尿病、心臓疾患、認知症、ガンなど、関連性のある他の症状もきっと、めったにない症状になっていただろう。そしてあらゆる疾患を回避するという観点から、ここで最も重要な要素をあげなくてはならない。それは「糖尿病」だ。

『いつものパンがあなたを殺す』医学博士 デイビット・・パールマター クリスティン・ロバーグ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月06日

グラニュー糖、清涼飲料水の糖、果物の糖 1

グラニュー糖、加糖、異性化糖などの違いはどここか。
フルクトースはフルーツやハチミツに自然に含まれている糖質で、グルコースと同じように単糖だ。

一方、グラニュー糖は、コーヒーにさらりといれたり、クッキー生地にどっさりトイレたりする白く粒子状のもので、フルコースとフルクトースからなる。そのために二糖だ(二つの分子が結合している)。

 異性化糖は、ソーダやジュースをはじめ、いろいろな加工食品に含まれているもので、分子の組み合わせが異なり,
フルクトースが優勢だ。55%のフルクトースと42%のグルコースそれに3%の他の炭水化物で構成されている。

 異性化糖は1978年に飲み物や食品に入れるグラニュー糖の安価な代用品として取り入れられた。マスコミではこの人工的に製造したものを肥満増大の根本的原因だと攻撃している。だが重要な点を見落としている。ウエストが太くなったり、肥満や糖尿病のような関連性のある症状が出るのは、異性化糖を消費したせいなのは事実だ。しかし、異性化糖以外の糖質も全て同様に原因として挙げられる。というのも、 全ての糖質は、炭水化物という生体分子の一種であって同じ性質を持つ からだ。炭水化物は糖分子の長い鎖に過ぎず、脂肪(脂肪酸の鎖)やタンパク質(アミノ酸の鎖)、DNAとは違う。

 しかしすでにお分かりのように、全ての炭水化物が同じように作られているわけではない。それに全ての炭水化物が体内で同じように処理されるわけでもない。

 炭水化物が豊富な食事、特に混じりけのないグルコースが多い食事によって、膵臓はインスリン分泌を増やし、細胞中に血糖を蓄積する。消化の過程で、炭水化物は分解され、糖質は血中に取り込まれ、ふたたび膵臓がインスリン分泌を増やし、グルコースは細胞に入り込む。時間とともに高血糖値のために膵臓からのインスリン分泌量は増えるだろう。

 血糖最も急上昇させる炭水化物は、それゆえに人を大いに太らせる。
精製した粉類で作ったものをパン、シリアル、パスタは何でもそうだし、米、じゃがいもやコーンのようなでんぷん、それにソーダやビール、フルーツジュースのような液体状の炭水化物も同じだ。

 これらすべてがすばやく消化されるのは、血流にグルコースをたくさん流しこみ、インスリンを急上昇させるため、そしてインスリンは過剰なカロリーを脂肪として溜め込んでしまうためだ。

 同じ炭水化物でも野菜に含まれるものはどうなるどうなのか。
ブロッコリーやほうれん草などの緑色の葉もの野菜に含まれる炭水化物は、消化しにくい繊維と結びつくので分解されるまで時間がかかる。そのためにフルコースは時間をかけて血流に送り込まれる。加えて野菜は、水分がデンプンに比べて多く、血糖の反応はさらに鈍くなる。

フルーツの場合も丸一個食べると、果糖摂取することにはなるが、その中に含まれる水分と繊維は血糖への影響を弱めにもする。

 例えば同じ重さのももとベイクドポテトを食べるなら、血糖への影響はみずみずしくて繊維も豊富なものよりも、ポテトの方が大きいのだ。とはいえももついでにいればどんなフルーツも、何の問題も起こさないわけではない。

『いつもパンがあなたを殺す』医学博士 ディビッド・パールマター クリスティン・ロバーグ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年08月04日

戦国武将ののどの渇きの癒し方

 都会のアスファルトだらけの街並みでは、夏の日中の温度が40度近くになったりして、
ちょっと外を歩いただけで汗だくになって、のどもからからに乾いてきます。すると、水
分を補給するためについつ冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまいます。

 しかし、これが命取りになることを、どれだけの日本人が理解しているか、大変心もと
ない限りです。冷たいものは体には決定的によくありません。

 たしかに暑いときに冷たい水を飲むと一時的にのどの渇きは癒せるし、爽快感が得られ
るものですが、その代わり体はどっと疲れてしまうのです。よくサウナに入った後に、冷
たいビールをおいしそうにゴクゴク飲む人を見かけていますが、せっかく温めた体を冷た
いものを飲むことで急激に冷やすのですから、大げさではなく自殺行為といっても過言で
はありません。

 たとえば、アラブなど極端に暑い国の人たちはのどの渇きを癒すためにどうしているか
というと、エスプレッソのような濃い目のコーヒーを、ものすごく甘くしたりして、3時
間に1度ずつい位ほんの少しだけ飲んでいます。それは、体温よりも外気温が極端に暑い
ときに冷たい飲み物をゴクゴク飲んでしまうとたちどころに体力を消耗し、汗びっしょり
になって死んでしまうことさえあるからなのです。これは、アラブの生活の知恵といえます。

 もちろん、炎天下で熱いお茶を飲むと熱射病で死んでしまいますから、日陰の涼しいと
ころに入って飲むのです。

 日本でものどが渇いたときには熱いお茶を飲んでいたものです。

 豊臣秀吉が石田三成を見出した「三碗の才」というエピソードがあります。鷹狩の帰
りにのどが渇いた秀吉は観音寺というお寺に立ち寄りました。

 まだ寺の小僧をしていた少年の石田三成は、最初はぬるめのお茶、二杯目は最初よりは
若干熱め若干熱め、三杯目は熱いお茶を少量というように、熱さや濃さ、量を変えて秀吉
をもてなしました。この気遣いが評価されて、三成は秀吉に登用されたのですが、冷たい
水が体によくないと知っていた戦国武将はのどが渇いたからと言って、ゴクゴク飲むよう
なことはしなかったのです。

 昔の人は、「冷たいものを飲んだり食べたりすると、お腹をこわす」と言って、腸を冷
やすようなことは慎んでいました。四度のミルクやビールを飲めば、腸管造血系がダメー
ジを受けて潰瘍性大腸炎やクローン病といった難病になります。

 腸を冷やすと、腸がしもやけ状態になり、腸扁桃(盲腸など)からとめどもなく腸内細
菌が体内に入ってきて、様々な免疫病が発症します。

 最近では、アフリカでも中東でも、冷暖房や冷蔵庫が普及してきて、冷たいものを食べ
たり飲んだりするようになりましたが、今でも高齢者の人たちは昔の習慣を大切にします。
体温よりも熱いものを飲むようにすることで、暑くても体力が保たれるのです。

 とにかく、体をむやみに冷やしてはいけません。どうしても冷たいものがほしくなった
ら、うがいをするようにすればいいのです。喉のところには温度を感じるセンサーがるの
で、うがいしただけで汗がドバーっと出てきますが、その後で人肌(40度)のものを飲
むと体にいいのです。

『6つの生活習慣でガン・難病を治す』医学博士 西原克成
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年07月29日

ラウリン酸 ➁

 ラウリン酸が初めて見つかったのは、地中海地方に育つ月桂樹の実と種からである。月桂樹
の種からとった油の治癒力は古代から知られていた。イタリア、フランス、ギリシャ、トルコ、
そしてモロッコの民間療法では、消化を助けたり、膀胱や皮膚の病気を治療したり、虫刺され
の毒から身を守るためにこの油が使われていた。科学者たちがその治癒力の秘密を解明し始め
たのは、1950年代、1960年代になってからのことだ。月桂樹の種は40%がラウリン
酸だが、ココナッツオイルとパームカーネルオイルはもっと豊富にラウリン酸を含むため、ラ
ウリン酸をはじめとする中鎖脂肪酸について行われた医学的な研究は、そのほとんどが、トロ
ピカルオイル由来の中鎖脂肪酸を使っている。

 ラウリン酸に様々な健康効果があることから、研究者たちは近年、わたしたちの食べ物に含
まれるラウリン酸の量を増やす実験をしている。様々な植物に含まれるラウリン酸の量を増や
そうとしているのだ。科学者たちは、遺伝子操作をして、ラウリン酸を36%含む、ラウレー
トキャノーラと呼ばれる新種のキャノーラ(ナタネ)を作り出した。やがてこの新しいキャノ
ーラが、様々な食品に使われるかもしれない。

 中鎖脂肪酸と、それらに含まれるモノグリセリドが持っている数多くの健康効果を示す研究
結果は、非常に説得力があり、今ではこうした成分を含む健康補助食品(サプリメント)が異
常に出回っている。いろいろなブランド名で販売されているが、たとえばラウリシディン(L
auricidin)というものはモノラウリンのサプリメントで、健康食品の店や医療関係者から入手
できる。

 自然界でラウリン酸を最も豊富に含む最高の供給源は、なんといってもココナッツオイルで
ある。たとえば、乾燥させて刻んだココナッツの果肉大さじ1杯に、約2グラムのラウリン酸
が含まれている。ココナツオイルそのものは、大さじ1杯に7グラムだ。ココナッツ製品には、
ラウリン酸のほかにも、カプリン酸(7%)やカプリル酸(8%)など、ほかの中鎖脂肪酸が
含まれている。どちらも様々な健康効果があり、ココナッツを原料としないラウリン酸の供給
源にはそれが欠けている。

『ココナツオイル健康法』公認栄養士・自然療法医 ブルース・ファイフ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年07月28日

ラウリン酸

 ココナッツオイルの成分のうち、約48%がラウリン酸(炭素鎖12個の飽和脂肪酸)、18%
がミリスチン酸(炭素鎖14個の飽和脂肪酸)、7%がカプリン酸(炭素鎖10個の飽和脂肪酸)、
8%がカプリル酸(炭素鎖8個の飽和脂肪酸)、そして0.5%がカプロン酸(炭素鎖6個の飽和
脂肪酸)である。ココナッツオイルにその驚くべき抗微生物性を与えているのはこれらの飽和脂肪
酸であり、パームカーネルオイルを除いて、ほかの植物油はこれらを含まない。また、ココナッツ
オイルに含まれるこれ以外の脂肪酸には抗生物作用はほとんどない。

 厳密に言うと、生のココナッツに含まれるココナツオイルは、そのままでは抗微生物性はない。
ココナッツは他の果物や木の実と同じく、菌類や細菌にやられることもある。前述したことと矛盾
するようだが、すばらしいのは、ココナッツオイルは食べると体内で変化し、有害な微生物には致
命的で、かつ人間には無害な構造を持つようになる、ということなのだ。

 ココナッツオイルを含むすべての食用油は、トリグリセドという構造を持っている。トリグリセド
というのは要するに、1個のグリセロール分子に3個の脂肪酸がつながったものだ。油を食べると、
このトリグリセドが分解して、ジグリセリド(2個の脂肪酸がグリセロール分子で連結したもの)、
モノグリセド(グリセロール分子に脂肪酸が1個付着したもの)、そして遊離脂肪酸になる。このう
ち、微生物作用を持っているのはモノグリセドと遊離脂肪酸で、ラウリン酸とカプリン酸のモノグリ
セド、モノラウリンとモノカプリンが最も活性が強い。中鎖脂肪酸の中で、総合的に最も強い抗微生
物作用を持っているのは、ラウリン酸と、そこからできるモノグリセリド、すなわちモノラウリンで
ある。

 抗微生物性についていえば、モノグリセリドと遊離脂肪酸には活性があり、ジグリセドとトリグリセ
ドには活性がない。したがって、ココナッツオイル(トリグリセリドで構成される)の抗微生物性は、
体内に取り込まれたり、ほかの方法で、遊離脂肪酸またはモノグリセリドに変換されて初めて活性化
する。

 ココナッツオイルとパームカーネルオイルは、天然のラウリン酸供給源としては群を抜いており、
脂肪含量中の50%近くがラウリン酸だ。ずっと遅れて後を追う乳脂肪とバターには、ラウリン酸が
3%含まれている。一般的な食べ物の中では、ラウリン酸がまとまった量含まれているのはこれだけ
だ。トロピカルオイルとは違って、植物油はどれもラウリン酸はじめ、中鎖脂肪酸は全く欠落している。

『ココナッツオイル健康法』公認栄養士・自然療法医 ブルース・ファイフ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鍼灸・整体・気功の「フラワー治療院」が綴る健康ブログになります

吉祥寺にいらして下さった患者様のお悩みを、痛みのない鍼灸 (しんきゅう) や気功整体施術で、お一人お一人適切な施術を心がけている「フラワー治療院」が、「健康」に纏わる事を綴るブログになります。
ブログを介して全国の方に、健康に過ごしていただけるよう、役立つ知識や経験などを贈れたらと考えております。

フラワー治療院

このページの先頭に戻る