フラワー治療院は、鍼灸・整体・気功の合体で自然治癒力を目覚めさせる治療院です。

フラワー治療院

ブログ

2018年01月12日

「ひと」が地球の生き物として生きていくために

 月日が経つのは早いもので、私が医者になって60年以上が経ちました。

 その間、人口は2倍になりましたが、医療費はなんと200倍になりました。医療が進歩
していれば医療費は2倍もしくはそれ以下になっているはずですが、なぜこのようなことに
なってしまったのでしょうか。

 それは、私たちが間違った生活習慣をしているからだ、と私は考えています。

 私は常に「野生動物に学べ」と伝えてきました。野生動物は病気になることはありません。
彼らは何を食べ、どこで生き、誰と付き合っていけばいいかを知っています。そして、自分
たちにとっての「当たり前(自然)」をそのまま次世代に伝え続けています。

 私たち人間も、本来「ひと」という哺乳動物として、自分たちにとっての「当たり前」な
生活があります。それを「当たり前」に実践し、次代に伝えていけば病気になることはあり
ませんでした。しかし、欧米化するにつれ、自分たちの「当たり前」な生活から離れてしま
った結果が、今の医療費と繋がっているのです。

 私が医者になった頃は、アレルギーという状態の患者さんはいませんでした。このアレル
ギーという言葉は、1906年にピルケという人が提唱したもので、アロス(不自然な、奇
妙な、変わった)とエルゴン(反応)という言葉を結び合わせたものです。

 つまり、アレルギーというのは「変わった反応」ということで、「自然界にはない反応」
を意味しています。

 アレルギーは私たち人間が不自然な(人工的な)生活をしているという結果(症状)を伝
えているにすぎないので、アレルギーそのものを責めても何の解決にもなりません。

 それを薬で抑えることはその場しのぎ(対症療法)でしかないにもかかわらず、ほとんど
の方はそれで治ったと勘違いしています。

 この間違いが医療を増やし続けていることに気付いていただくことがとても大切だと、私
は思っています。

 ご参考までに、「自然」と当たり前に接するための生活習慣のアドバイスをお伝えしてい
きます。
➀「根本治癒」のすすめ(医者や薬に頼らず、何が原因かを自ら考え、そこを断ち切る)
➁「少食」のすすめ(飽食は寿命を縮める)
➂「菜食」のすすめ(植物性のものに変えていく)
➃「自然が与えてくれた食べもの」のすすめ(乳製品、砂糖が病気をつくる)
➄「咀嚼」のすすめ(唾液は優れた抗ガン剤)
➅「気の思想」のすすめ(いただくときは、感謝を忘れず)

 私たちが地球上で生活する「生き物」の一つであると自覚し、自然と調和して生きていれ
ば、自然治癒力というものも当たり前に備わっています。

 治癒力ですから「治す」のではなく「治る」のです。治癒力が感じられなくなっているこ
とも、日本人に合わない不自然な生活が原因なのです。

医学博士、小児科医 真弓定夫

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年12月13日

今からでもけっして遅くはない(1)

 たまに、「あれほど健康に気を使っていたのに、なぜあんな病気になってしまったのだろう」
といわれてしまう人がいます。

 普段から健康のために運動を心がけ、束物は有機栽培の野菜、水は浄水器を通し、サプリメ
ントを何種類も飲んで、ひたすら病気にならないようにしていた「健康オタク」の様な人が、
ガンになったような場合です。

 こうした人が病気になってしまうのは、生活習慣や食生活が原因ではありません。彼らが病
気になってしまった原因は「心の不摂生」です。

 心に問題を抱えている人は、いくら体をしっかりとメンテナンスしても、本当の意味での健
康にはなれません。心配、不安、悲しみ、ねたみや怒りといったマイナス感情は、エンザイム
パワーを低下させてしまうからです。

 人が健康になるためには、「幸せ」を感じることが必要なのです。
アンチエイジングも同じです。体のケアも大切ですが、心のケアはそれ以上に大切です。です
から私は、嫌なこと、やりたくないことは一切しません。それは仕事でもプライベートでも同
じです。

 きちんと出すべき結果を出していれば、、評価してもらい、好きなことができるようになる
はずです。きちんと評価してくれない、やりたくないことを強制されるというのであれば、転
職も一つの方法です。
 
 健康維持もアンチエイジングも、それ自体を目的にするのは、お勧めしません。人生を豊か
にし、健康な体で愛する人と人生を楽しむ手段として、健康法やアンチエイジングはあるので
す。

 同じ肉を食べるのでも、「本当は胃腸によくないんだよね」と罪悪感をもちながら食べるの
と、心から「ああ、おいしい。幸せ」と持って食べるのとでは、体に対するダメージが全く異
なります。

 愛に根ざした「心力」のパワーは絶大です。たとえ今あなたが病気だったとしても、すでに
様々な老化現象が現れていたとしても、「心力」を呼び覚まし、体にいいことを続ければ、必
ず良い変化が現れます。

『病気にならない生き方3若返り編』新谷弘実 米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年12月01日

「愛のあるセックス」は最高の若返り法2/2

 人間として生まれた価値の一つは、「幸福を味わう」ことだと私は思います。セッ
クスは、その幸福感をもたらしてくれるとても重要なものの一つです。

 セックスは決して恥ずべきものではありません。また、子供をもうけるためだけに
行うものでもありません。男性と女性が、愛する人のために究極の思いやりを持って
行うのがセックスの本当の姿です。
 ですから年齢も関係ありません。

 これは日本人には踊れ古べき数字かもしれませんが、アメリカのハーバード・ヘル
ス・レターの調査によると、女性は60代で81%、70代で65%、男性は60代で
91%、70代で79%の人がセックスをしているという結果が出ています。

 そして、セックスをしているとと答えた人の90%以上の人が、健康状態はとてもい
いと答えているのです。
 セックスは健康と無関係ではありません。

 セックスがホルモンのバランスを整えたり、血流を良くしたりすることは容易に想像
できますが、アメリカの女性作家で栄養学者でもあるノーラ・ハイデン氏は、その著書
の中で、セックスライフの充実は、女性の老化現象を防ぎ、若さを保つのに役立つとま
で述べています。

 男性について同様の効果が述べられていないのが、私には少し不満なところですが、
これは写生によるエンザイムの消耗が関係しているのでしょう。中国の房中術に「接し
て漏らさず」という教えがありますが、セックスしても射精はしないようにするという
ことです。若く、エンザイムがあり余っている年代の人は、あまり気にすることはあり
ませんが、中高年以上の男性にとっては、これはとても良い教えです。

 むやみに射精することさえ控えれば、男性にとっても、セックスはとても有効な若返
り法といえると思います。

 誤解されるといけないのですが、私は何もやみくもに誰とでもいいからセックスをし
なさいと、行為そのものを奨励しているわけではありません。

 愛し合うカップル、愛し合う夫婦が、互いに愛情を示しあい、心を開き、人生を健康
で豊かなものにしていくために、愛のあるセックスが有効だということを、知っていた
だきたかったのです。
『病気にならない生き方3若返り編』新谷弘実 米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月30日

「愛のあるセックス」は最高の若返り法

 日本人はセックスをタブー視する傾向が強いのですが、もっとセックスをエンジョ
イすべきだと、私は思っています。

 なぜなら、セックスは、「究極の思いやり行為」だからです。
アメリカではセックスは「メイク・ラブ(make love)」,つまり「愛をつくる」
と称します。これはとても美しい表現です。この表現からは、彼らがセックスを自分の人
生において、とても大切なものと位置付けていることが伺えます。

 一方日本には、残念なことですが、性交渉を美しく表現する言葉がありません。
それどころか、多くの若者は「エッチ」という実に残念な表現をします。このエッ
チの語源には諸説ありますが、最も有力なのは「変態(Hentai)」の頭文字
をとってものだというもの。愛をつくるのと変態とでは、あまりにも認識が違いす
ぎます。

 日本では、子供ができると「愛の結晶」というのに、そこに至る行為を、なぜ健
全で愛に満ちたものとしてとらえようとしないのか、私にはとても不思議です。

 最近日本では、夫婦間のセックスレスが問題となっていますが、その原因の一つに、
こうしたセックスに対するネガティブな意識が関係しているのではないでしょうか。

 アメリカではセックスに関する話題が、ネガティブなものととらえられることはほ
とんどありません。もちろんTPOはありますが、ゴールデンタイムに放送されてい
るテレビの人気トークショーで、セックスの話題が真剣い取り上げられることもよく
あります。子心の知れた友人同士で性の悩みをシェアしたりすることもあります。

 健全で愛に満ちたセックスは、その人の人生を豊かにします。
『病気にならない生き方3若返り編』新谷弘実 米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月26日

ピアニストは、なぜみんな長生きなのか?

 「医者の不養生」という言葉がありますが、どうも私の周りを見わたしても、ドクター
には早くから病気を患ったり、定年後のことばかり考えて、早く老け込んでしまったりす
る人が少なくないようです。

 医者は肉体的にも精神的にもハードな仕事なので、エンザイムの消耗がほかの職業の人
より激しいせいかもしれません。

 そんな医者とは対照的に、長生きの多い職業があります。その代表が音楽家です。世界
的な指揮者やピアニスト、ヴァイオリニストなどは、世界中を演奏会で飛び回っているに
もかかわらず、高齢でも元気で若々しい方がたくさんいます。

 なぜ音楽家に長生きの人が多いのでしょうか。
この問いに、「指なる先を使っているから」と答える人がいます。たしかに指先の運動は脳を
刺激するので、脳内エンザイムの活性化に役立ちます。しかし、それだけの要因で長生き
になっているとは思えません。

 指先の運動だけで長生きできるのであれば、音楽家でなくてもタイピストや細かい作業
をしている人たちも長生きになるはずです。

 なぜ音楽家が例外的に長生きなのでしょう。これには心の問題が大きく関わっていると、
私は考えています。

 彼らは大好きな音楽を楽しみながら指先を使っているので、エンザイム活性の効果が何
倍にも高まっているのではないでしょうか。

 私も趣味でフルートや他の楽器を演奏しているのでわかるのですが、音楽を楽しむのは
とても良いストレス発散法といえます。楽器を奏でるだけでも充分楽しいものですが、練
習して上手に演奏できるようになると、何とも言えない幸福感に包まれます。

 私は仕事が忙しの出どうしても夜遅くになってから出ないとフルートの練習時間が取れ
ません。体は疲れているし、眠たくもなっているのですが、フルートを吹き始めると、ゆ
ったりとした気分になり、深い幸せを感じます。そうして1時間ほど練習して、幸せな気
持ちのまま眠りにつくと、エンザイムパワーが高まっているためでしょう、睡眠時間が短
くても、すっきり元気に目覚めることができるのです。

 逆に疲れてたからと、フルートの練習もせず、今日は大変だったと思いながら休むと翌
日の目覚めもあまりよくありません。

 現代医学では、体と心を別のものとして考える傾向がありますが、両者は決して分けて
考えられるものではありません。いくら体にいいとことを実践していても、心がネガティ
ブであれば、エンザイムパワーを充分に引き出すことはできません。

 大切なのは心から楽しむことです。
これは音楽に限らず、食事も運動もすべて同じです。

 よく体によいものを食べた時、「体が喜んでいる気がする」という人がいますが、それ
は正しい感覚です。あなた自身がおいしいと思って楽しめば、体の中の微生物も細胞もす
べて一緒になって喜び、エンザイムパワーを高めてくれます。

 運動も心から楽しい、気持ちいいと思える範囲で続けると体によい影響は、何倍にも増
えます。
 つまり、エンザイムパワーを高めるもっともよい方法は、体によいことを、心から楽し
みながらすることなのです。

 『病気にならない生き方3若返り編』新谷弘実 米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鍼灸・整体・気功の「フラワー治療院」が綴る健康ブログになります

吉祥寺にいらして下さった患者様のお悩みを、痛みのない鍼灸 (しんきゅう) や気功整体施術で、お一人お一人適切な施術を心がけている「フラワー治療院」が、「健康」に纏わる事を綴るブログになります。
ブログを介して全国の方に、健康に過ごしていただけるよう、役立つ知識や経験などを贈れたらと考えております。

フラワー治療院

このページの先頭に戻る