フラワー治療院は、鍼灸・整体・気功の合体で自然治癒力を目覚めさせる治療院です。

フラワー治療院

ブログ

2018年01月14日

現代の多くの食べ物に含まれるグルテンの罪2/2

 アメリカのウイリアム・デイビス博士は、著書『小麦は食べるな!』の中でこう説明してい
ます。
「だからこれは小麦に依存したあなたの脳なのだ。消化すると脳のオピオイド受容体と結合す
るモルヒネ様の成分が生じる。褒美という形で軽い感情高揚状態を誘発する。効果がブロック
されると、あるいはエクソルフィン(外因性モルヒネ様混合物)を生じない食べ物を消費する
と、不快な禁断症状を経験する人もいる」

 このことを考えれば、食品メーカーが製品の中に、できる限りたくさんのグルテンを詰め込
もうとするのは当然ではないだろうか。

 それから、今日、これほどたくさんの人たちがグルテンたっぷりの食品に病みつきになって
いても、すなわち炎症だけではなく、肥満の蔓延をあおっているとしても、驚くようなことだ
ろうか。私はそうは思わない。

 砂糖やアルコールには人を上機嫌にさせる性質があり、私たちは誘惑に負けて砂糖やアルコ
ールをどんどん摂取してしまうということはほとんどの人が知っているし、認めてもいる。

 しかし、グルテンを含む食品はどうだろうか。

 あなたが食べる全粒小麦のパンやサクサクのシリアルはどうか。グルテンは、私たちの脳の
快楽中枢や中毒中枢にいたるまで、生化学組織を変えてしまう、という考え方は注目に値する。
なおかつこれほど恐ろしことはない。

 つまり、こうした食べ物が、科学的に証明されているとおりに、実際に気分を大きく変える
働きをするならば、食事を再考する必要がある。

 グルテンを含んでいる炭水化物をむさぼり食う人たちを目にすると、まるで彼らが自分のた
めにガソリンのカクテルを注いでいるのを見ているかのようだ。グルテンは私たちの世代のタ
バコである。

 グルテン過敏症医は私たちが理解している以上に蔓延している。気づかないうちに私たちは
みな、ある程度のダメージを与えられている可能性がある。

 それにグルテンはまさかと思うところに潜んでいるものだ。調味料やカクテル、さらには化
粧品、ハンドクリーム、アイスクリームにも入っている。スープや甘味料、大豆製品にも隠れ
ている。栄養機能食品、よく知られている調合薬にも入っている。

 「グルテンフリー」という言葉は今や「オーガニック」や「100%天然」と同様、あいま
いで意味のない言葉になりつつある。
『いつものパンがあなたを殺す』医学博士 デイビッド・パールマター クリスティン・ロバーグ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

フラワー治療院

このページの先頭に戻る