フラワー治療院は、鍼灸・整体・気功の合体で自然治癒力を目覚めさせる治療院です。

フラワー治療院

ブログ

2018年01月13日

現代の多くの食べ物に含まれるグルテンの罪1/2

 もし、グルテンがそんなに悪いのなら、私たちはグルテンを食べながらどのようにして生き
延びてきたのだろうか。

 端的に言えばこうだ。祖先が小麦を育て、それを挽いて粉にする方法を初めて見つけて以来、
同じ種類の小麦を食べてきたわけではないのだ。

 私たちが今日食べている穀物は、およそ1万年前に人類の食事に登場したものと似ていると
ころはほとんどない

 17世紀にグレゴール・メンデルが、異なる植物を交配して新しい種を作り出すという、か
の有名な実験を発表して以来、私たちは異種交配し、異系統を組み合わせ、穀物に限ってみて
も、いくつか野生の子孫を作り出してきた。

 私たちの遺伝的構成と生理機能は祖先の時代からさほど変わっていない一方で、食物連鎖は
過去50年間で急速に様変わりした。遺伝子生物工学を含めた現代の食品産業の振興で、わず
か数十年前に栽培されていた穀物に比べグルテンを40倍も含む穀物を栽培できるようになっ
た。

 これが意図的に収穫高を増やすためなのか、人々の味覚に訴えるためなのか、あるいはその
どちらでもあるのか誰にもわからない。しかし、一つわかっていることがある。現在のグルテ
ンを多量に含む穀物はかつてないほど”クセになる”ということだ。

 もしも、あなたがこれまでに、ベーグル、スコーン、ドーナツ、あるいはクロワッサンを食
べた後に、なんだか急に楽しい気分になってきたことがあるなら、それは思い込みなどではな
い。

 1970年代の終盤以来、次のようなことが分かっている。グルテンは胃で分解され、血液
脳関門を通過できるポリペプチド混合物となる。いったんそれが脳に入りこむと、脳のオピオ
イド受容体と結合し恍惚状態を生み出す。これは、アヘン剤が結合し、人に満足を与える効果
を生み出すのと同じ仕組みだ。 

 最初にこの働きを発見した科学者である、米国国立衛生研究所クリスティン・ジオドロウ博
士らは、脳を破たんさせるこのポリペプチドにエクソルフィンをいう名前をつけた。

 これは外因性のモルヒネ様混合物を短くしたもので、エンドルフィンという体由来の鎮痛
作用のあるペプチドと区別される。このエクソルフィンについてとりわけ興味深いのは、また、
エクソルフィンの脳への影響の裏付けとなるのは、ナロキソンやナルトレキソンのようなアヘ
ン誘導体拮抗薬(ヘロインやモルヒネ、オキシコドンなどのアヘン誘導体の働きを消すために
用いれれるのと同じ)によって止められるということだ。

『いつものパンがあなたを殺す』デイビッド・パールマター クリスティン・ロバーグ著

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
フラワー治療院
http://www.hana6666.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都武蔵野市御殿山1-6-1
吉祥寺サンプラザ406
TEL:0422-79-6886
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

フラワー治療院

このページの先頭に戻る